中居善四郎

中居善四郎は、江戸時代から続いている化粧品として有名だった「百助」の後継者であると同時に、現在、我が国唯一の演劇・舞踊などの化粧品の専門メーカー「三善」を経営し、同時に大正年間からドーラン化粧の研究にも打ち込んできた人である。外国にも度々行って各国の研究家と交流し、外国の俳優が来日すれば友好を交えるなど、化粧品とメークアップの研究一途にすごされた我が国唯一の人である。
更に、メークアップの本質を多くの人々に普及するために、北海道から沖縄まで全国いたるところでメークアップの実施指導を行っており、既に1500カ所に及んでいる。そうした場で受講した人々から一番多くきかれた言葉は「今までの自分のメークアップの方法は間違っていたということがわかった」ということであったという。

『新劇の舞台化粧』より

会社沿革


当社の創業者、故中居善四郎は、文政年間(1817年頃)から江戸駒形で小間物と化粧品の製造販売を営む「百助」の四男として生れ、戦前までは、同所にて経営に参加。
昭和28年10月、文京区小石川に「株式会社三善」を設立。舞台化粧品を中心に生産を始め、日本初の映画& TV用化粧品を開発し、専門メーカーとしての伝統を受け継ぐ。
平成5年6月、埼玉県ふじみ野市に工場を移転。
平成17年3月に大阪営業所を開設。
平成24年12月に飯田橋に営業所並びにメークアップ研究所を移転。